新時代の機器メンテナンスにチャレンジ

   
ガスエンジン発電装置

当社は1978年に船舶修理業を目的として川崎汽船株式会社の100%出資会社として設立され、今日まで船舶運航・修繕技術を生かした陸上機器のメンテナンス専門会社として発展してきました。
常にお客様のニーズを先取りすることを会社のモットーとし、信頼性の高いメンテナンス・安全と健康を合言葉に従業員全員のチャレンジ精神で業容の拡大に努めてまいりました。

現在の組織は、総務部、工事部、営業部の3部制を採っています。

[T]総務部 は会社の総務・企画・財務・経理を担当しています。

[U]工事部 は船舶の運航や修繕技術を生かして、(1)ガスタービンエンジン、ガスエンジン、ディーゼルエンジン等各種原動機( コージェネレーション発電設備、非常用発電設備、排水機場ポンプ等)や(2) 空調機器(吸収式、 ガスヒートポンプ)のメンテナンスを行っています。

[V]営業部 は(1)外航船舶への荷役資材の供給手配業務、(2)舶用機器の販売業務、(3)船舶技術コンサルタント等を行っています。

創業から30年を越え若い力が順調に育ってきました。
若さに溢れたエネルギーと海上勤務経験者を中心とするベテラン社員の指導力で21世紀の機器メンテナンスにチャレンジしています。